よく聞く金融用語

住宅ローンやマイカーローン・多目的ローン・カードローンなどローン利用時によく聞く言葉ってありますよね。総量規制とかノンバンクとか金融用語?って言ったらいいのか分からないけど、とにかく意味の分からない単語を耳にします。

 

お金を借りるのに、意味も分からず借りるわけにはいきません。そこで、よく聞く金融用語の意味について調べてみました。

 

 

総量規制

総量規制とは、個人の借入総額が年収の3分の1までに制限される仕組みの事を言います。例えば、年収300万円の方は3分の1、すなわち100万円までしか借入する事が出来ない、といった事になります。

 

でも、車などを購入する場合は年収の3分の1以上になってしまう事もあるかもしれません。住宅ローンを組む時なんて年収以上の額を借りるわけですからね。ちょっと矛盾しているような気がしますよね。

 

実は、この総量規制は住宅ローンや自動車ローンなどは例外となっているんです。基本的に、クレジットカードでのキャッシングや、カードローンの利用時などに総量規制は適用されるようになっています。

 

また、金融機関によって総量規制の対象・対象外になる場合があります。消費者金融業者などは総量規制の対象となるんですが、銀行の場合は対象外となっています。なので、消費者金融と銀行でカードローンを発行した場合、消費者金融は最大でも年収の3分の1まで、、、銀行の場合はそのような決まりがありません。

 

すなわち、出来るだけ多くお金を借りたい場合は、総量規制対象外の銀行から借りるのがいいというのが分かりますね。また、収入のない専業主婦の方も、総量規制対象外の銀行を利用するといいでしょう。【専業主婦 借入

 

 

ノンバンク

ノンバンクとは、銀行・信用金庫・信用組合・労働金庫などの金融機関で、貸金業務を営む金融会社の事を言います。分かりやすく言えば、「信販会社」「クレジットカード会社」「消費者金融」などがノンバンクと言われています。

 

「ノンバンク(Non-bank)=銀行以外の金融機関」と覚えておけばいいでしょう。

 

ノンバンクと銀行で融資を受けた場合の違いなんですが、銀行の方が金利が低い場合が多いです。すなわち、銀行でお金を借りる方が支払う利息が少なくすみます。ただ、その分審査面が厳しくなっている事もあり、審査回答まで時間がかかる事もあります。

 

その点、ノンバンクは審査時間も早く融資までの時間がスピーディーなので、急ぎの時なんかはノンバンクを利用した方がいい場合もありますよ。

 

 

リボルビングローン

リボルビングローンとは、一定の与信限度枠内で自由に何度でも借入ができ、返済については一定の最低限度支払額でよいとするローンの返済方法の事を言います。

 

「リボルビング=回転」すなわち、決まった枠内であれば何度でも繰り返し借入ができるといった意味となっています。