使い道自由だけど

カードローンもキャッシングも、使い道が自由であることは、大きな特徴であると言って良いのです。使い道が自由だと、ローンに申し込む段階で、詳しい使い道について記した予定表などを提出するようなことは必要ありません。

 

生活費でも、旅行に行くための費用でも、あるいはその他のレジャーなどでも、色々なことに対して使うことができるので、本当に便利なツールであると言って良いでしょう。

 

ここでは、使い道が自由であるということについて、見てみることにしましょう。

 

自由な使い道がある以上、自分の好きなように使い方を選べば良いのですが、この際に気をつけていかないといけないことがあります。

 

それは、使い道の中でも、使用が認められないケースもあるからです。例えばですが、ギャンブルの資金が欲しくてお金が必要な場合、ローンの利用が認められません。

 

というのも、いくらギャンブルに興味関心があるとは言えども、ギャンブルは手持ちのお金を大きく失うことにもなりかねないからです。

 

もしそのような状態になると、将来的に返済をすることが難しくなってくることも言えるのです。

 

他には、事業性資金として利用することも認められません。というのも、起業したが上手くいかなかったというケースを考慮すると、やはりリスクが高すぎるとみなされるからです。

 

いくら使い道が自由とは言えども、先々の返済の際に支障が出てしまうようでは、それこそ意味がないことなのです。ならば、一部の使い道ではどうしても制限を受けることになるのです。

 

ただ、基本的に利用できないのは、このようなほんの一部となっています。カードローンの場合は最初にも述べたように、使い道自由といった点が大きな特徴となっているので、そこまで深く考えなくてもいいと思います。

 

金融会社にもよると思いますが、申込み時に利用目的を聞かれる事がない場合もありますし。

 

学生さんの方でも利用できるといった点から、生活費や交際費、ショッピングなどが理由で借りる事が出来るのも分かりますね。

 

参照・・・http://xn--o9jo09aya8b6567b9vvb.com/

 

でも一つだけ言える事は使い道が自由だからと言って、後先考えずに借りすぎない!という事だと思います。あくまで借りたお金なので必ず返済は必要となります。

 

なので、利用前はしっかりと計画性を持って利用するようにしましょう。